2010年03月06日

調査捕鯨、継続前提に縮小も=保存と捕獲の両立模索−日本(時事通信)

 国際捕鯨委員会(IWC)は3月2〜4日、米国で開催する作業部会で、クジラの保存と捕獲の両立に向け、対立する反捕鯨国と捕鯨国の双方に妥協を促す新しい議長提案について議論する。これを機に、モロッコで6月に開く年次総会での合意を目指した関係国間の調整が本格化する。日本は沿岸捕鯨の再開を合意の条件に掲げ、南極海での調査捕鯨では継続を前提に捕獲数で譲歩する構えだ。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
〔写真特集〕調査捕鯨
今季の妨害活動終了=シー・シェパード
捕鯨問題、外交解決目指す=NZ外相と電話会談
日本の沿岸捕鯨再開を容認=海域ごとの捕獲数に上限-IWC議長案

甦る往年の名テナー・永田絃次郎 (産経新聞)
「密約」で参考人質疑へ=衆院外務委(時事通信)
残業時間、18カ月ぶりプラス=生産持ち直しで−厚労省1月調査(時事通信)
2.4億円支払いで和解=元レストラン店長過労訴訟−鹿児島(時事通信)
介護保険の抜本改革に向け12の政策提言―公明(医療介護CBニュース)
posted by カワニシ ヨシノリ at 09:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。